サニブラウン、中盤から押し切る F1級!?エンジン搭載

[ 2021年6月24日 05:30 ]

男子100メートル 史上最速決戦

サニブラウン・ハキーム
Photo By スポニチ

 サニブラウン・ハキーム(22=タンブルウィードTC)の今回のデータは、10秒02を出した時の数値のため、大器の本来の力が反映されていない。

 それでも特徴は表れていて、歩幅ランキング1位の大きなストライドで、中盤から押し切る形が十八番。迫力ある走りは、F1のエンジンを積んだトレーラーだ。

 200メートルも強いが、60メートルの日本記録を持ち、穴が少ない。19年秋の世界選手権以降、1レースのみの出場は不安を残すが、圧勝の可能性もある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月24日のニュース