車いすバスケ・鳥海 リオ雪辱へ「金メダルが目標。東京で実現したい」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

撮影に応じる鳥海(左)と秦(右)
Photo By スポニチ

 車いすバスケットボール男子日本代表の鳥海連志(20=パラ神奈川SC)と、パラトライアスロン(義足)の秦由加子(38=マーズフラッグ)が23日、都内で行われたトークイベントに参加した。

 ともに16年リオデジャネイロ・パラリンピックに出場し、車いすバスケ男子日本代表は9位、秦は6位で、お互いに納得のいく結果ではなかった。鳥海は「パラリンピックで金メダルが目標。東京で実現したい」。秦は「たくさんの人のおかげで競技ができている。表彰台の上から、感謝の気持ちを伝えられるようにしたい」とそれぞれ決意を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年1月24日のニュース