大坂なおみ、全豪連覇ならず 3回戦で15歳天才少女ガウフにストレート負け

[ 2020年1月24日 18:24 ]

テニス全豪オープン第5日 ( 2020年1月24日    オーストラリア・メルボルンパーク )

全豪オープン3回戦でガウフと対戦した大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス3回戦が行われ、連覇を狙う世界ランキング4位の大坂なおみ(22=日清食品)は世界67位の天才少女コリ・ガウフ(15=米国)と対戦。3―6、4―6でストレート負けを喫し、連覇を逃した。

 ガウフは昨年10月にツアー初優勝を飾り、昨年のウィンブルドンに続き今大会初戦でV・ウィリアムズを撃破した15歳のホープ。過去の対戦成績は大坂の1勝0敗で、昨年の全米オープン3回戦で完勝している。

 ガウフのサービスから始まった第1セット。立ち上がりから両者ともにミスのないプレーでキープを続けた。キープ合戦で進んだ第8ゲーム。サーブのミスが響き大坂が初ブレークを許すと、第9ゲームをキープされ第1セットを落とした。

 第2セットは第1ゲームで簡単にブレークを許すも、第2ゲームですかさずブレークバック。だが、第7ゲームで再びブレークを許すと形勢を逆転できずストレート負けを喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月24日のニュース