コシノヒロコ氏 東京オリパラ公式服に「もっと日本らしさ出してほしかった」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

コシノヒロコ氏
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピックの日本選手団が着用する公式服装が23日、都内で発表された。開会式用は伝統の「日の丸カラー」ながらジャケットが白、パンツとキュロットが赤と、64年東京五輪とは上下が逆の配色。五輪とパラリンピックの選手が史上初めて同じデザインの服を着用する。

 ▼コシノヒロコ氏(ファッションデザイナー) 五輪とパラリンピックの選手の公式服装を同じデザインにしたのはとても良いと思うが、ジャケットにパンツやキュロットというスタイルは無難すぎる。真面目で謙虚だけれど「着てみたい!」という楽しさが感じられない。服は宣伝の道具であり、その国の文化度を示すもの。世界にアピールする魅力に欠ける。この服からは日本の伝統や文化がどういったものか、見えてこない。開催国なのだから、もっと日本らしさを出してほしかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月24日のニュース