植松晃士氏 東京オリパラ公式服「おブス」にならない着こなしポイントは“丈”

[ 2020年1月24日 05:30 ]

植松晃士氏
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピックの日本選手団が着用する公式服装が23日、都内で発表された。開会式用は伝統の「日の丸カラー」ながらジャケットが白、パンツとキュロットが赤と、64年東京五輪とは上下が逆の配色。五輪とパラリンピックの選手が史上初めて同じデザインの服を着用する。

 ▼植松晃士氏(ファッションプロデューサー) 印象としては、保守的、コンサバティブ。赤と白のトラディショナルな色使いで、あえてきちんとしたのでしょう。競技場が近代的で新しい分、選手のユニホームを保守的にして、開会式でどうコントラストを出すのかが楽しみです。1964年の五輪へのリスペクトも感じられます。「おブス」にならない着こなしのポイントは“丈”。男性のパンツは、長めにする人もいれば、くるぶしが出る短めをチョイスする人もいる。また女性のキュロットも身長やバランスに合わせて自分に一番似合う長さに。支給されたそのままではなく、選手それぞれの個性をのぞかせてはどうでしょうか。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月24日のニュース