ドン小西氏 東京オリパラ公式服に「正直、がっかり」「主張も理念も努力も見えない」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

ドン小西氏
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピックの日本選手団が着用する公式服装が23日、都内で発表された。開会式用は伝統の「日の丸カラー」ながらジャケットが白、パンツとキュロットが赤と、64年東京五輪とは上下が逆の配色。五輪とパラリンピックの選手が史上初めて同じデザインの服を着用する。

 ▼ドン小西氏(ファッションデザイナー) 正直、がっかりしている。着丈や襟、裾のカッティングなどは今の店頭で売れている要素を盛り込んでいるだけ。売れ筋の代表格のスーツをマーケティング部門が作りました、という感じで、主張も理念も努力も見えない。色はJOCに文句言われない程度に白と赤。白は流行のオフホワイト、赤も“今はオレンジがかったものが多いんですよ”と誰かが言ったのをそのまま採用。さらに胸のポケットチーフで“この三連が今一番新しいんですよ、はい!”みたいな。そつなく無難に、みたいで薄っぺらい。五輪は情熱を象徴する大会。招致にも一苦労したのに。その熱意や自国文化のアピール、オリジナリティーをデザインに出してほしかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月24日のニュース