設楽、3・1東京マラソンへ決意「見ている人を興奮させるような走りを」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

東京マラソンに向けて宮崎で走り込む設楽悠太
Photo By スポニチ

 男子マラソンの設楽悠太(28=ホンダ)が23日、合宿先の宮崎市内で取材に応じ、3月1日の東京マラソンで東京五輪出場権を獲得しても、2時間5分台のレースだった場合は代表を辞退する可能性を示した。5分台では世界と戦えないのが理由。また、東京マラソンを国内最後とすることも宣言した前日本記録保持者のレースに注目が集まる。

 【設楽に聞く】
 ――2時間4分台について。
 「まずは日本記録を破らないと話にならない。4分台は次元が違うので想像できない」

 ――東京マラソンの目標は?
 「(日本記録を更新した)2年前と同じく、見ている人を興奮させるような走りをしたい」

 ――東京マラソンでは大迫、井上と勝負する。
 「井上選手もマラソン経験が豊富。自分は自分のレースのことに集中したい」

 ――兄・啓太と宮崎合宿を行った。
 「良い感じに練習は消化できている。MGC前にもやって流れが良かった」

 ――今後のレース予定は?
 「丸亀ハーフマラソン(2月)で最低でも60分台を出したい。まずは丸亀でしっかり勝負できるようにやっていきたい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月24日のニュース