朝乃山 勝ち越し王手 来場所の“大関獲り”へ「どっしり構える」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

大相撲初場所12日目 ( 2020年1月23日    両国国技館 )

豪栄道(右)を寄り切りで下した朝乃山(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 結びの一番で新関脇・朝乃山が豪栄道を破り、勝ち越しに王手をかけた。得意の右四つになると慎重に前に出て崖っ縁の大関を仕留めた。自分らしい相撲で連敗を止め「開き直ったつもり。攻撃していかないと」と胸を張った。

 来場所の大関獲りへ負けられない状況が続くが「意識したら硬くなる。どっしり構えて、あと3日間、取り続けたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年1月24日のニュース