重量挙げ女子・三宅 開会式出られずも…公式服に「可愛らしいデザインだな」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

開会式用公式服装の感想を話す三宅宏実(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピックの日本選手団が着用する公式服装が23日、都内で発表された。開会式用は伝統の「日の丸カラー」ながらジャケットが白、パンツとキュロットが赤と、64年東京五輪とは上下が逆の配色。五輪とパラリンピックの選手が史上初めて同じデザインの服を着用する。

 重量挙げ女子の五輪2大会連続メダリスト、三宅宏実(34=いちご)は、「とても軽くて着心地もいい。可愛らしいデザインだなと思った」と開会式の公式服装の印象を口にした。ただ、女子49キロ級は開会式翌日の7月25日に競技が行われるため、「(開会式に)出られないと思うので残念」と苦笑い。

 昨年の世界選手権は左脚に痛みを抱えて途中棄権し、まだ東京五輪代表には決まっていない。2月の国際大会での復帰も視野に入れていたが、回避する方向。五輪出場のポイントが与えられる4月のアジア選手権(カザフスタン)に向け、「五輪の代表権をしっかり取って(7月)25日の舞台に立てるように頑張りたい」と闘志を高めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月24日のニュース