競泳男子・渡辺 目指す五輪金へ着々「あと半年できれば達成できる」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

北島康介杯 ( 2020年1月24日    東京辰巳国際水泳場 )

北島康介杯の会見に出席した(左から)瀬戸、大橋、北島氏、中村、渡辺
Photo By スポニチ

 競泳男子200メートル平泳ぎで19年世界選手権銅メダルの渡辺一平(トヨタ自動車)にとって、北島康介杯は17年に同種目で世界記録を出した縁起のいい大会。「日本選手権前の最後の200メートル平泳ぎになる。少しでもいい感覚でレースにいけたら」と意気込んだ。

 五輪半年前については「いい感覚で練習を積み重ねている。あと半年できれば、目標の金メダルを達成できる。気持ち新たに頑張りたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月24日のニュース