遠藤2敗後退…藤島審判長「絶対負けては駄目な相手、意識しすぎたんじゃないか」

[ 2020年1月20日 05:30 ]

大相撲初場所8日目 ( 2020年1月19日    両国国技館 )

炎鵬(左)に破れた遠藤
Photo By 共同

 好調な遠藤は初顔合わせの炎鵬との熱戦に敗れて手痛い2敗目を喫し、上位争いから一歩後退した。

 懐に潜り込もうとしたり、腕を手繰ったりする小兵をつかまえられず、長い攻防の末に押し出された。中学、高校の後輩との一番に相次いで質問を受けたが終始目を閉じて無言。激しい取組を終えて息が上がる遠藤に、藤島審判長(元大関・武双山)は「絶対負けては駄目な相手で、意識しすぎたんじゃないか」と推察した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース