トラブル耐えクーチャーV  空振り、OB…「あれで目が覚めた」

[ 2020年1月20日 05:30 ]

男子ゴルフツアー SMBCシンガポールオープン最終日 ( 2020年1月19日    シンガポール セントーサGCセラポンC=7397ヤード、パー71 )

優勝トロフィーを持ち上げて笑顔のクーチャー
Photo By スポニチ

 2位に4打差の逃走劇を続けていた世界ランク24位のクーチャーが7番パー5でまさかの失速。木の根元からの空振りあり、OBありの大トラブルを引き起こしたが、4メートルのパットを沈めて「8」にとどめたのはさすが。「あれで目が覚めた」とその後、3バーディーを奪い、一時首位に並んだジェーンワタナノンドらを突き放した。そのクーチャーも東京五輪の米国代表争いでは4枠が遠い13番手。石川以上に道のりは険しい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース