大坂なおみ、フィセッテ・コーチと青空ミーティング 初戦前に30分の調整

[ 2020年1月20日 07:48 ]

女子テニスの大坂なおみ
Photo By スポニチ

 テニス4大大会初戦の全豪オープンは20日にメルボルンで開幕。女子シングルスで2連覇に挑む世界ランキング4位の大坂なおみ(22=日清食品)は午前11時(日本時間同9時)開始の1回戦で世界59位のマリエ・ブズコバ(21=チェコ)と対戦する。試合開始2時間半前の午前8時半から約30分の調整を行った。

 ショットの感覚などを確認した後にコート脇のベンチに座り、昨年12月から契約するフィセッテ・コーチと約5分間の青空ミーティングを実施。試合データをフル活用するベルギー人コーチはノートを手にしており、1回戦のポイントなどを伝えたとみられる。最後はメモのようなものを手渡していた。

 18年ウィンブルドン選手権でケルバー(ドイツ)のコーチを務めて優勝に導いた実績を持つ。大坂は「彼は多くの経験を積んでおり、多くの情報や知識がある」と信頼を寄せる。今大会は新コーチとの良好な関係を築く意味でも結果が重要になる。大会はWOWOWで連日生中継。第1、2日はWOWOWテニスサイト、WOWOW公式Youtubeで無料配信する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース