畑岡奈紗 2日がかりプレーオフ敗れ2位 米女子ツアー開幕戦

[ 2020年1月20日 22:40 ]

プレーオフ6ホール目、ティーショットを放つ畑岡奈紗
Photo By 共同

 女子ゴルフの米ツアー開幕戦、ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズは20日、米フロリダ州レークブエナビスタのフォーシーズンズ・クラブ(パー71)で畑岡奈紗とガビー・ロペス(メキシコ)のプレーオフの続きが行われ、畑岡は再開2ホール目で敗れた。

 ロペスは2季ぶりの通算2勝目。前日からのプレーオフ通算7ホール目でバーディーを奪い、畑岡はバーディーパットを外して2位だった。

 19日の最終ラウンドで畑岡は3位から4バーディー、1ボギーの68で回って通算13アンダーの271とし、ロペス、朴仁妃(韓国)と並んだ。3人によるプレーオフは朴仁妃が3ホール目で脱落。畑岡とロペスは日没までの5ホールで決着しなかった。

 大会は過去2年に優勝した26人で争われた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース