正代 1敗首位キープ 優勝争い意識せず「いつも通り取る」

[ 2020年1月20日 05:30 ]

大相撲初場所8日目 ( 2020年1月19日    両国国技館 )

朝乃山(右)をすくい投げで下す正代(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 7日目に初黒星を喫した正代が1敗で踏みとどまった。朝乃山の突っ張りを下からあてがって前進し、左四つになるとすぐに左すくい投げで転がした。「立ち合いから圧力をかけられた。落ち着いていたと思う」。連敗を免れてトップを守ると土俵上でうなずいた。中日で勝ち越しに王手をかけたのは幕内では初めて。優勝争いはサバイバルの様相だが「欲を出してもしょうがない。いつも通りに取るだけ」と過度の意識はなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース