福島 相沢12人抜きも「悔しい」区間新ならず

[ 2020年1月20日 05:30 ]

陸上 第25回全国都道府県対抗男子駅伝 ( 2020年1月20日    広島市平和記念公園前発着 7区間48キロ )

互いに区間賞を獲得。相沢(右)に後継者に指名された松山(左)
Photo By スポニチ

 福島は箱根駅伝で「金栗四三杯」(MVP)を獲得したアンカー相沢が12人抜きで貫禄の区間賞を獲得。ただ、区間記録を更新できず、「そこは悔しい」と複雑な表情を浮かべた。

 5区で区間賞の激走を見せた松山は今春、相沢と入れ替わりで東洋大に入学。「1年目からチームを背負う気持ちでやってほしい」と笑顔でエースを“禅譲”した。自身は来月、日本選手権クロスカントリー(福岡)に出場予定。1万メートルで東京五輪を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース