大坂、全豪ストレート発進!5年連続の2回戦進出 世界59位ブズコバに快勝

[ 2020年1月20日 10:34 ]

全豪オープン女子シングルス1回戦に登場した大坂(AP)
Photo By AP

 テニス4大大会初戦の全豪オープンは20日にメルボルンで開幕し、女子シングルスで2連覇に挑む世界ランキング4位の大坂なおみ(22=日清食品)は1回戦で同59位のマリエ・ブズコバ(21=チェコ)と対戦。6―2、6―4のストレート勝ちで、5年連続の2回戦進出を決めた。

 前回覇者として迎える4大大会は、4回戦で敗れた昨年の全米オープン以来2度目。第1セットは第5ゲームで先にブレークを奪うと、第7ゲームでもブレーク。危なげなく第1セットを6―2で先取した。

 第2セットは第6ゲームで先にブレークを許したが、直後の第7ゲームでブレークバック。第9ゲームでもブレークを奪って3ゲーム連取を決め、第10ゲームをキープして試合を締めた。

 今大会後に昨年全豪で獲得した2000ポイントを失うため、早期敗退すれば世界ランキングが急降下する可能性が高い。公式会見では「頭の中には常にネガティブな2000ポイントがある。それを取り除かなければいけない」と精神面の重要性を強調していたが、落ち着いた試合運びで快勝発進を決めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース