照ノ富士 関取で16場所ぶり給金 スタミナの不安もなし

[ 2020年1月20日 05:30 ]

大相撲初場所8日目 ( 2020年1月19日    両国国技館 )

<大相撲初場所8日目>勝ち越しを決めた照ノ富士(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 十両の照ノ富士が旭秀鵬を右四つからの寄り切りで退け、ストレート給金を果たした。

 両膝の負傷などで大関から序二段まで番付が落ちたため、関取での勝ち越しは大関で12勝を挙げた17年夏場所以来16場所ぶり。危なげない内容に「まわしを取れば大丈夫と思っていた」とうなずいた。毎日相撲を取るのは10場所ぶり。「(幕下以下の)7番より15番の方がいい。毎日同じペースで体をつくっていけるから」とスタミナの不安もなさそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース