高安 崖っ縁5敗目に無言…八角理事長「開き直っていくしかない」

[ 2020年1月20日 05:30 ]

大相撲初場所8日目 ( 2020年1月19日    両国国技館 )

<大相撲初場所8日目>北勝富士に押し出しで敗れた高安(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 10勝を挙げれば1場所で大関復帰にする高安が、崖っ縁となる5敗目を喫した。北勝富士の右おっつけで左を差しきれず、30秒を超える相撲の末に根負けして押し出された。

 支度部屋では無言を貫き、まげを整えた後にはしばらく考え込むようにして固まった。迫力のある相撲が影を潜めており、八角理事長(元横綱・北勝海)は「足から力が伝わってこない。開き直っていくしかない」と奮起を求めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース