準Vにうなだれる張本「自信が一気になくなった」2年ぶり王座奪回ならず

[ 2020年1月20日 05:30 ]

卓球 全日本選手権最終日 男子シングルス決勝   張本3―4宇田 ( 2020年1月19日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

準優勝に終わり、うなだれる張本(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子表彰式を待つ間、張本は髪をわしづかみにし、うなだれていた。決勝で宇田に敗れ、2年ぶり2度目の日本一に届かず。4回戦から準々決勝まで1ゲームも落とさず進撃していたが、戸上との準決勝も1―3から逆転という大苦戦。「(19日の)2試合で、自信が一気になくなった」と言葉を絞り出した。

 決勝も1―3と追い込まれた。宇田にマッチポイントを握られた第5ゲームを何とか耐えたものの、最終第7ゲームは9―8からの3連続失点で終戦。「凡ミスや大事なところでのネットもあって、流れをつかみきれなかった。最後はちょっと足りなかった」。東京五輪代表の意地を見せられなかった。

 全員が打倒・張本を誓い、向かってくる全日本。「昨年は1ゲーム取られただけで“やばい”と思うことがあった。まだまだ幼かった」。崖っ縁でも動じない世界ランク2位・許昕(キョキン、中国)を参考に強い気持ちでコートに立ったが、タイトルを逃した。「2位なので特に何もなかった大会」。失意を乗り越え、失った自信を取り戻すしかない。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月20日のニュース