1週休んで復帰の松山 5差33位発進、ショットに課題

[ 2019年6月29日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ロケットモーゲージ・クラシック第1日 ( 2019年6月27日    米ミシガン州 デトロイトGC=7340ヤード、パー72 )

ロケットモーゲージ・クラシック第1日 17番でイーグルパットをピンそばに寄せ、ギャラリーの声援に応える松山
Photo By 共同

 第1ラウンドが行われ、松山英樹(27=LEXUS)は6バーディー、2ボギーの68で回り、首位と5打差の33位発進だった。

 21位で終えた全米オープンから1週休んで復帰した松山は4アンダー、68とまずまずの内容。「少し悪くても(許容)範囲内に収まっている」と振り返った。

 10番から出て13番で1・5メートルを外したが、4つのパー5で全てバーディー。起伏のあるグリーンも「一つ入ったらスムーズに打てた」と16番で5メートル、1番も3メートル半を沈めた。4ホールでパーオンできず「自分の中では大きなミスをしている」とショットには課題を残す。2日目に向け「4アンダーくらいをパープレーだと思って伸ばしていきたい」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月29日のニュース