JGA山中専務理事 カートで古江彩佳のクラブ折り謝罪文「100%私の不注意」口頭でも謝罪

[ 2019年6月29日 14:44 ]

日本女子アマチュア選手権 カートの接触で真っ二つに折れてしまった古江の3W
Photo By スポニチ

  28日に行われた日本女子アマチュアゴルフ選手権の最終ラウンドで大会を主催する日本ゴルフ協会(JGA)の幹部が乗ったカートが優勝争いを展開していた古江彩佳選手(19)のクラブ(3W)と接触し、これを真っ二つに折ってしまった問題に関して、JGAは29日、協会ホームページのトップページに問題のカートを運転していた同協会の山中博史専務理事の名前で謝罪文を掲載した。

 山中氏は今回、掲載した文章の中で「100%私の不注意によるミス」と全面的に非を認めて謝罪している。今後、JGAは理事会等で同氏らの処分を検討することになる。また、同氏は29日朝までに電話で古江選手とその家族に連絡を取り、口頭でもあらためて謝罪している。

 <謝罪文全文>
 2019年度(第61回)日本女子アマチュアゴルフ選手権最終ラウンドにおいて、において、私の運転するカートが原因で、古江彩佳選手のクラブを破損させてしまったことは、100%私の不注意によるミスであり、古江選手、そしてご家族の皆様、出場選手の皆様、大会関係者、会場のエリエールゴルフクラブ松山、ゴルフファンの方に多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。 

 10番ホールのティーショットを見届けた後、グリーンに向かう途中で、古江選手のバッグが載ったカートを追い越した際に、後方部分が接触し、結果クラブを折ってしまいました。その時点で気づき、すぐに古江選手に謝罪すべきだったのですが、そのことに気づいたのが私がグリーンに到着したあと、古江選手がレフェリーを呼んだ時であり、結果古江選手への謝罪が遅れてしまったのも事実です。 

 優勝争いをされている古江選手を含む最終組の選手たちにも動揺を与えることになってしまい、本当に申し訳なく思っております。古江選手にとっては、この大会に優勝することを目標に頑張ってこられ、しかも最終ラウンドのバックナインに入りいい順位につけていただけに、古江選手の気持ちに大きな動揺を与えてしまったことを考えると、大変なことをしてしまったという懺悔の気持ちでいっぱいです。謝って解決する問題でないことは重々分かっておりますが、今後きちんと今回のことを理事会等で報告し、本件につき適切な対処をしてまいります。 

 まずはこの場を借りて謝罪させていただきます。この度は誠に申し訳ありませんでした。 

公益財団法人 日本ゴルフ協会専務理事 山中博史 

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月29日のニュース