ママ寺田、女子100障害トップで決勝「娘に金メダルを」

[ 2019年6月29日 05:30 ]

陸上日本選手権第2日   女子100メートル障害準決勝 ( 2019年6月28日    博多の森陸上競技場 )

 元日本代表のママさんハードラー寺田が全体トップの13秒15で決勝に進出。「娘に金メダルをあげられるように頑張りたい」と意気込んだ。

 13年に現役引退すると16年には7人制ラグビーに転向。今年、20年東京五輪出場を見据えて約6年ぶりに陸上の世界に戻ってきた。「ラグビーをやってきて、ハードルも怖がらずに向かっていけます」と笑顔で語った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月29日のニュース