森は自己新2位 世陸代表に前進「壁突破できうれしい」

[ 2019年6月29日 05:30 ]

陸上日本選手権第2日   女子やり投げ ( 2019年6月28日    博多の森陸上競技場 )

女子やり投げ決勝、2位に入った森友佳はガッツポーズ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 美人選手として知られる森が自己記録を3メートル66更新する62メートル88で2位に入り、世界選手権参加標準記録を突破。代表入りに大きく前進し「やっとですね。なかなか60メートルを超えられなくて、壁を突破できたことをうれしく思います」とはにかんだ。春先は不調に苦しんだが、5月に単身でフィンランドに渡って指導を受け、きっかけをつかんだ。

 肩の柔軟性の必要性を痛感し「力を付けるよりも持っている力を大きく使うように方向転換した」ことで復調。「まだ一発出しただけなので、アベレージを上げていきたい」と気持ちを引き締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月29日のニュース