小池、スタート浮いた3位「そこが影響した」得意200へ

[ 2019年6月29日 05:30 ]

陸上日本選手権第2日   男子100メートル ( 2019年6月28日    博多の森陸上競技場 )

男子100メートル決勝、小池(左)、桐生(同2人目)らを振り切り1位でゴールするサニブラウン(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 飛ぶ鳥を落とす勢いだった小池は10秒19で3位。得意の終盤で追い上げたものの、準決勝では完勝した桐生にも届かなかった。「スタートで浮いてしまった。そこが影響したと思う」。

 5月に自己記録を0秒13も更新する日本歴代7位の10秒04をマーク。今月上旬の欧州遠征で、さらに手応えをつかんでいた。「去年は周りが気になった。今年は自分の感覚に集中している」と、成長も実感し、29日からは得意の200メートルに臨む。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月29日のニュース