飯塚、4位に充実感 得意200へ声弾ませ「楽しみです」

[ 2019年6月29日 05:30 ]

陸上日本選手権第2日   男子100メートル ( 2019年6月28日    博多の森陸上競技場 )

男子100メートル決勝、サニブラウン(手前)に敗れた(左から)飯塚翔太、小池祐貴、桐生(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 7年ぶりに100メートルに出場した飯塚は多田やケンブリッジという有力選手を抑えて、10秒24で4位。「良いメンバーで走れていることがうれしかった」と充実の表情を見せつつ「でも表彰台ではないので」と悔しさものぞかせた。

 29日の大会3日目は、得意とする200メートル予選に出場。「200もタイムが出るかな。明日が楽しみです」と声を弾ませた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月29日のニュース