羽生結弦は30番滑走で吉兆の組1番手、午後8時18分に登場予定 21日男子SP滑走順決まる

[ 2019年3月20日 18:22 ]

フィギュアスケート世界選手権第1日 ( 2019年3月20日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア男子公式練習>険しい表情でリンクいりする羽生結弦(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 21日の男子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が行われ、五輪連覇で3度目の世界選手権優勝を狙う羽生結弦(ANA)は35選手中30番目に滑走することになった。最終6組1番手で、羽生は14年ソチ五輪、18年平昌五輪でもSPは組の1番手で滑って首位発進している。

 初優勝を目指す宇野昌磨(トヨタ自動車)は31番目、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は22番目、ネーサン・チェン(米国)は最終滑走の35番目に登場する。 

◆最終組の滑走順と予定時間◆
30番 後8時18分40 羽生結弦(ANA)
31番 後8時25分00 宇野昌磨(トヨタ自動車)
32番 後8時31分20 ジェーソン・ブラウン(米国)
33番 後8時37分40 ミハイル・コリヤダ(ロシア)
34番 後8時44分00 キーガン・メッシング(カナダ)
35番 後8時50分20 ネーサン・チェン(米国)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月20日のニュース