山下氏ら後任会長候補に 7月4日発足の新理事会で選出

[ 2019年3月20日 05:30 ]

JOC竹田会長 6月退任

理事会に出席した竹田会長(右)(左は山下常務理事)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 7月4日発足の新理事会で選ばれる次期会長の候補には、全日本柔道連盟会長の山下泰裕氏(61)らの名前が挙がっている。ただ、山下氏はJOCで選手強化本部長を務めており、会長との兼任は難しい状態。反発する関係者もおり、難航する可能性もある。

 山下氏は理事会後、「20年も(竹田会長)と考えていた。みんなで力を合わせていくしかない」と厳しい表情。次期会長候補の声には「今日の段階でそんな話が出るはずがない」と話すにとどめた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月20日のニュース