貴景勝 白鵬に敗れ3敗目 12日目豪栄道戦へ「自分と向き合わないといけない」

[ 2019年3月20日 19:20 ]

大相撲春場所11日目 ( 2019年3月20日    エディオンアリーナ大阪 )

<大相撲春場所11日目>貴景勝は白鵬(後方)に敗れ3敗目を喫する (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 大関昇進目安の10勝まで残り2としている関脇・貴景勝が足踏みした。前日の横綱・鶴竜を含め、5連勝して迎えた横綱・白鵬との大一番。引く当たって攻め込み、いなしにも崩れず前に出たが、最後は組み止められると豪快な上手投げで転がされ、「勝たないと何の意味もない」と悔しさをにじませた。

 砂が付いた姿で支度部屋に戻ってくると、NHKアナウンサーの取材に「あした頑張ります」と2度繰り返した。大声援に応えられず「申し訳ない」とファンに謝った。3敗目には「簡単にはいかない。簡単にはいかないと重々分かっている。その中で信念とするものを貫きたい」と前を向いた。

 終盤は上位戦が控えており、12日目は大関・豪栄道戦になる。勝っていれば大関昇進の可能性があった先場所千秋楽で敗れた相手。厳しい戦いを前に、22歳は「精神をつくり直していくことが大事。自分と向き合わないといけない」と気合を入れ直した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月20日のニュース