逸ノ城「たまたま」“技あり”勝利 碧山との1敗対決へ集中

[ 2019年3月20日 05:30 ]

大相撲春場所10日目   〇逸ノ城―高安● ( 2019年3月19日    エディオンアリーナ大阪 )

高安を突き落としで破る逸ノ城=右(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 大関連破で逸ノ城が1敗を死守した。まわしに手が届かなかったが、高安が寄ってきたところで右の差し手を抜き、体を開きながら左の突き落としを決めた。「中途半端にやっても意味がない。それしかなかった。たまたま決まった」。

 今場所は前に出る相撲が少ないが、劣勢からでも勝てるだけの勝負勘と動きの良さがある。11日目は碧山との1敗同士の対決。「とりあえず2桁」と優勝争いよりも目の前の一番に集中する。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月20日のニュース