琴鎌谷 元三役・常幸龍を破り勝ち越し 関取目前も「意識せずいきたい」

[ 2019年3月20日 15:06 ]

大相撲春場所11日目 ( 2019年3月20日    エディオンアリーナ大阪 )

 西幕下5枚目の琴鎌谷(21=佐渡ケ嶽部屋)が再十両を狙う常幸龍を破って勝ち越しを決めた。右四つで下手と下手で投げの打ち合い。上手を持った琴鎌谷に軍配が上がった。

 「膝を曲げて相撲が取れている」。師匠の父、元関脇・琴ノ若の佐渡ケ嶽親方からは「相手は元三役。胸を借りるつもり思い切っていけ」と送りだされ、期待に応えた。兄弟子の琴奨菊からも随時、アドバイスを受けて力になっているという。

 関取目前の番付には「周りからはいろいろ言われるけど、意識せずいきたい」と自然体を心掛けている。残る1番も勝って、少しでも新十両に近付きたい。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月20日のニュース