碧山、焼肉パワーで1差死守「体が動いている」

[ 2019年3月20日 05:30 ]

大相撲春場所10日目   〇碧山―松鳳山● ( 2019年3月19日    エディオンアリーナ大阪 )

松鳳山(左)を押し倒しで破る碧山(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 碧山が松鳳山を下し、首位・白鵬との1差を守った。いったん引いて押し込まれたが、そこからは強烈な突きで逆襲し、土俵下まで吹き飛ばした。「すぐ形をつくり直していった。体が動いている」。

 前夜は焼き肉でリラックスし、「特上の肉を出してくれた。たくさん食べましたよ」とご機嫌。同じブルガリア出身の先輩、鳴戸親方(元大関・琴欧洲)からも「いい相撲を取っているね」と激励され、目尻を下げた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月20日のニュース