JOC竹田会長退任 いきなり世代交代言及…無理がある

[ 2019年3月20日 08:30 ]

JOC竹田会長 6月退任

退任を表明するJOC・竹田会長(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 【記者の目】竹田会長は定年が退任の最大理由と強調したが、これまで世代交代の必要性に言及してこなかっただけに無理がある。JOC内では「選任時70歳未満」という理事(1期2年)定年規定について6月の役員改選を前に見直し案が浮上。71歳の竹田会長の続投は確実視され、「20年東京五輪は竹田体制で」が共通認識だった。

 だが、フランス当局に身柄を拘束される恐れがある海外での会議出席を見送るなど、業務に支障が出始めていた。IOCからも東京五輪への影響を心配する声が上がり、今年来日した幹部から早期退任を迫られたほか、このままではバッハ会長が7月の開幕前1年イベントを見送ると伝えられたともいわれる。疑惑を認めたと受け取られるのを恐れ、竹田会長は退任との関連を否定。即退任ではなく6月の任期満了まで務めるのも、同じ理由からだろう。しかし、本当の退任理由は予想以上の“外圧”でありJOC全体の見通しも甘かったと言える。(スポーツ部専門委員・中出 健太郎)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月20日のニュース