20日SP登場 紀平は公式練習でトリプルアクセル4回着氷、2回転倒

[ 2019年3月20日 13:26 ]

フィギュアスケート世界選手権第1日 ( 2019年3月20日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア・練習>SPに向け練習する紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 20日に行われる女子ショートプログラム(SP)に出場する紀平梨花(16=関大KFSC)が午後、練習リンクで公式練習をした。得点源のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を4回着氷。転倒は2度あった。踏み切りを確認するような仕草が目立った。SP曲をかけた滑りでは、大技をしっかり降りた。練習リンクに入った観衆から拍手が起こった。

 最終組の坂本、宮原、ザギトワ、テネル、メドベージェワらと滑った。

 シニアデビューの今季、国際大会で6戦全勝。2014年の浅田真央以来となる日本女子の優勝に期待がかかる。

 SPのジャンプ予定は、トリプルアクセル、3回転フリップ―3回転トーループ、3回転ルッツ。

 滑走は、最後から2番目の39番目で午後8時43分。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月20日のニュース