高御堂 ジンクスに勝った「4年前の屈辱を倍返しに」

[ 2013年12月16日 05:30 ]

ショートトラック五輪代表に選ばれた(左から)高御堂、坂爪、坂下

スピードスケート ショートトラック五輪代表選考会最終日

(12月15日 大阪プールアイススケート場)
 “半沢魂”で2度目の五輪に挑む。10年バンクーバー五輪は1000、1500メートル予選落ちだった高御堂は、「4年前の屈辱を倍返しにしたい」と気合を入れた。

 今大会はパーマがかかった髪形で出場。2年前、パーマをあてて臨んだ試合で転倒した苦い記憶がある。「ジンクスに打ち勝つためにパーマをかけて臨んでやろうと思った。結果を出せて良かった」。長距離で圧倒的な強さを誇る25歳は「本番はこのままの髪形でいきます」と不敵に笑った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース