カーママ 5大会連続五輪決定!10―4でノルウェー下す

[ 2013年12月16日 02:53 ]

五輪最終予選でソチ五輪出場を決めて喜ぶ日本代表の北海道銀行の選手たち
Photo By スポニチ

 カーママが、最後の五輪切符をもぎ取った!カーリングのソチ冬季五輪世界最終予選最終日は15日午後(日本時間16日未明)、ドイツのフュッセンで五輪出場決定戦を行い、女子で1次リーグ2位、日本の北海道銀行が10―4で同3位のノルウェーを下し、5大会連続5度目の五輪出場を果たした。

 日本は3―4で迎えた第8エンドで相手のミスにも乗じ、6点を奪うビッグエンドを作って9―4と逆転に成功。第9エンドにも1点を奪い、相手がギブアップした。

 小笠原と船山はチームメートとして02年ソルトレークシティー五輪、06年トリノ五輪に出場し、一度は第一線を退いた。共に結婚、出産を経て復帰。11年に結成された北海道銀行の一員として3度目の大舞台への切符をつかんだ。

 北海道銀行はノルウェー戦の前に中国と戦い、6―7で敗れ、最初の五輪切符のチャンスを逃していた。小笠原歩は「みんなよく投げてくれたが私が一つ、二つ救いきれないショットがあった。本当はこの試合で決めたかった。この悔しさを忘れず、全力で戦って五輪に行きたい」と意気込んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース