遠藤尚&愛子、第1戦で3位!男子・西は2回目進めず

[ 2013年12月16日 05:30 ]

ともに3位に入り笑顔の上村愛子(右)と遠藤尚

 フリースタイルスキーW杯は14日にフィンランド・ルカでモーグル第1戦が行われ、男子決勝は23歳の遠藤尚(忍建設)が2回目で25・24点をマークし、3位になった。

 ミカエル・キングズベリー(カナダ)が26・93点で通算17勝目。西伸幸(白馬ク)は1回目7位で2回目に進めなかった。

 女子は34歳の上村愛子(北野建設)が3位。16人による決勝の1回目をトップ通過すると、6人で最終順位を争った2回目で23・69点をマークした。ハナ・カーニー(米国)が25・07点で通算37勝目を挙げた。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月16日のニュース