カーママ小笠原「一投一投に日本のカーリング界を背負い…」

[ 2013年12月16日 05:34 ]

 カーリング女子の北海道銀行がが、ソチ五輪切符を獲得!選手たちが喜びの声をあげた。

 ▼小笠原歩の話 勝った瞬間は信じられない気持ちだった。ミスもあったが、自分に合格点をつけてあげたい。一投一投に日本のカーリング界を背負っている感じがした。

 ▼吉田知那美の話 見ていてしびれた。リザーブとして自分にもできる仕事はあると思っていた。小さな積み重ねがこういう形になるんだなと思った。

 ▼苫米地美智子の話 支えてくれた人たちにいい報告ができることがうれしい。五輪では大会を通して安定したショットが出せるように、精度を上げていきたい。

 ▼小野寺佳歩の話 本当にうれしい。それだけ。夢は五輪の表彰台。見ている人を興奮させるショットをびしびし決めて、表彰台にたどり着きたい。

 ▼船山弓枝の話 チーム結成から短い時間でこれだけの結果を出せてうれしい。(結婚、出産後に)再挑戦して本当に良かった。環境を整えてくれた人たちに感謝したい。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月16日のニュース