慶大 まさかの判断ミス…手痛い1敗に児玉ガックリ

[ 2013年12月16日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権 慶大19―20明大

(12月15日 秩父宮ほか)
 慶大はまさかの判断ミスで手痛い1敗を喫した。後半39分に1トライ1ゴールで1点差。リスタート後に終了のフォーンが鳴り、プレーが止まればノーサイドとなる場面で、FB児玉(4年)の相手ディフェンスの裏を狙ったキックがサイドラインを割ってしまった。

 4強進出の可能性は残しているが、児玉は「(アタックを)継続してもミスが出ると判断した。ラッキーバウンドならウイングがトライを取り切れると…」とうなだれた。

 ≪各組最上位が突破≫第2ステージは勝ち点で争われ、各組最上位チームが準決勝に進出できる。勝ち点は勝ち=5点、引き分け=2点、負け=0点で、7点差以内の敗戦チームに1点、勝敗にかかわらず4トライ以上のチームに1点が加えられる。また、各地域リーグの1位に3点、2位に2点、3位に1点のアドバンテージポイントが与えられている。来年1月2日の準決勝(国立)は総勝ち点の1位と4位、2位と3位が対戦。勝ち点が並んだ場合(1)得失点差、(2)トライ数、(3)ゴールキックの成功数、(4)コイントスで上位チームを決定する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース