IH女子代表の久保が右肩負傷 五輪には間に合う見通し

[ 2013年12月16日 18:51 ]

 来年2月のソチ冬季五輪に出場するアイスホッケー女子日本代表の主力FW久保英恵(西武)が15日まで北海道苫小牧市で行われた合宿で右肩の関節を捻挫したことが16日、分かった。患部に負担にならない程度のトレーニングは続けているが、大事を取って数週間は氷上練習を控える方針という。

 男子高校生との練習試合で負傷した。日本連盟の関係者は「大切な時期なので無理はさせない。五輪には十分に間に合う」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース