木崎 区間新でMVP獲得も…ダイハツ4位にガックリ

[ 2013年12月16日 05:30 ]

スポニチ後援第33回全日本実業団対抗女子駅伝

(12月15日 宮城・松島町文化観光交流館~仙台市陸上競技場、6区間42・195キロ)
 モスクワ世界陸上女子マラソン4位の木崎良子(ダイハツ)が5区を区間新の32分40秒で走り、MVPに輝いた。

 しかし、チームは4位に終わり、表彰式では「本当は優勝してもらいたかった」と声を詰まらせた。一方、1月の大阪国際女子マラソンで引退する34歳の赤羽有紀子(ホクレン)は3区で7人を抜いて7位に浮上する健闘。現役最後の駅伝を終え、「過去2年に比べてしっかり走れたかな」と納得の表情だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース