ヤマダ電機 8度目出場で初入賞!1区・森が区間新

[ 2013年12月16日 05:30 ]

スポニチ後援第33回全日本実業団対抗女子駅伝

(12月15日 宮城・松島町文化観光交流館~仙台市陸上競技場、6区間42・195キロ)
 04年創部のヤマダ電機が8位に食い込み、8度目の出場で初入賞した。

 1区の森唯我が区間新記録でトップに立ち、後続5人が粘り抜いた。故障続きだった森は昨年2月に退社して母校・佛教大を指導していたが、競技への情熱を取り戻して10カ月後に再入社。高校、大学時代からの恩師・森川賢一監督の下で輝きを取り戻し、「自分が走って周りに喜びを与えられたのはよかった」と笑顔だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース