滝沢が17位 フリースタイルスキーW杯クロス

[ 2013年12月16日 00:13 ]

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は15日、フランスのバルトランスでスキークロス第2戦を行い、男子の滝沢宏臣(日建総業)は17位だった。アンドレアス・マット(オーストリア)が今季初勝利、通算7勝目を挙げた。

 女子の日本勢は上位32人で争う決勝トーナメントに進めず、梅原玲奈(クラブワン)の33位が最高だった。カトリン・ミュラー(スイス)が通算2勝目となる今季初優勝を果たした。

 日本男子のW杯出場1枠は滝沢と河野健児(パートナーエージェント)が争っていたが、成績の良かった滝沢が第3、4戦は優先的に出る。中村克コーチによると来年1月の第5戦以降は出場枠が増える見込みで、その場合は河野も参戦する予定。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース