遠藤 “ガンダム建機”化粧まわし贈られ「力強い相撲を」

[ 2013年12月16日 05:30 ]

木川理二郎・日立建機会長より「超重機アスタコ」をデザインした化粧回しを贈呈される遠藤(左)

 大相撲の幕内・遠藤(23)が建設機械大手の日立建機から化粧まわしを贈られた。同社と遠藤の故郷・石川県穴水町の建設会社に縁があり実現。埼玉県草加市の日立建機日本本社で贈呈式が行われた。

 大相撲の幕内・遠藤(23)が建設機械大手の日立建機から化粧まわしを贈られた。同社と遠藤の故郷・石川県穴水町の建設会社に縁があり実現。埼玉県草加市の日立建機日本本社で贈呈式が行われた。化粧まわしには同社が開発した双腕作業機「ASTACO」が描かれている。このマシンはアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するモビルスーツの概念に近いことから、業界内外でガンダム建機と言われる。来年1月の初場所では同社から遠藤の取組に15日間懸賞がかけられることも決定。23歳のホープは「ASTACOのような力強い相撲を取りたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース