内村 完璧2冠「無理せず頑張る」目標達成に満足げ

[ 2013年12月16日 05:30 ]

平行棒で華麗な演技をみせる内村

豊田国際競技会最終日

(12月15日 愛知県豊田市総合体育館)
 最終種目の鉄棒で高難度の降り技を完璧に決め、内村は誇らしげに両腕を突き上げた。

 一年を締めくくる着地は「技術より“絶対に止める”という気持ちで止めた」と言う。平行棒は出来栄えを示すEスコアで一人9点台を超える安定感。今季は16年リオデジャネイロ五輪に向けた第一歩と位置付け、肩や足首の故障を再発させないよう演技の難度を下げていた。「無理せず頑張るという目標を達成して来年とリオ五輪につながる一年になりました」と満足げだった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月16日のニュース