こだわり旬の旅

【北海道】青い海の向こうに利尻富士…絶景!宗谷丘陵の白い道に感動

[ 2019年7月6日 15:57 ]

大海原の向こうに利尻富士を望みながら歩く白い道。知る人ぞ知る絶景だ!(稚内観光協会提供)
Photo By 提供写真

 利尻島(利尻富士)を目にしながら着いた稚内駅からバスで約50分。ついにやって来た日本最北端の地・宗谷岬は晴天。三角形の碑の前に立ち北方を望むと、間宮海峡を挟んで約40キロ先にあるサハリンの島影がうっすらと見えるではないか。もうそれだけで感動したが、それ以上に心打たれたのが宗谷丘陵の白い道だ。

 風景を楽しみながら歩く小道、宗谷丘陵フットパスのショートコース(約5キロ)の一部で、宗谷岬から車で約20分の宗谷岬ウィンドファームから歩いて約40分の辺りから始まる。稚内の名産・帆立貝の貝殻を敷き詰めた真っ白な道で、両脇に茂る深緑の草木、眼下に広がるコバルトブルーの海とのコントラストが見事。しばらく歩いて坂道にさしかかると、左手にあった利尻富士が正面に見え始め、夢の国に続くドリームロードように思えた。問い合わせは稚内観光協会=(電)0162(24)1216。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る