こだわり旬の旅

【山陰・島根&鳥取】妖怪が増えた!水木しげるロードが最大リニューアル

[ 2018年9月2日 18:59 ]

車道が拡幅されリニューアルされた「水木しげるロード」(C)水木プロ
Photo By スポニチ

 鬼太郎列車同様、境港駅から続く「水木しげるロード」も誕生25周年を記念してリニューアル。過去最大のもので、車道の一方通行化によって大幅に拡幅された歩道約800メートルに、3体増の計177体の妖怪のブロンズ像が、妖怪の棲む場所などでゾーン分けされて立ち並ぶ。夜(日没〜午後10時)には、新たにロード全線で妖怪たちの影絵の照明投射やブロンズ像のライトアップを実施。水木しげるワールドがさらなる広がりを見せている。

 同ロードの終点近くにある「水木しげる記念館」(入館料700円)=(電)0859(42)2171=も負けていない。水木氏の作品を紹介する漫画ワールドをはじめ、原画と壁画を設置した水木ギャラリー、インクの染みが付いたシャツや手形などを展示したねぼけ人生の間、日本各地に伝わる妖怪を集めた妖怪ひろばなど妖怪がいっぱい。水木氏の世界観にどっぷり浸ることができる。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る