フェアプレーの勝利だ! 日本が16強 ポーランド戦敗戦も2位通過で2大会ぶり突破

[ 2018年6月29日 01:00 ]

W杯1次リーグH組   日本0―1ポーランド ( 2018年6月28日    ボルゴグラード )

<日本・ポーランド>イレブンとハイタッチして喜ぶ西野監督(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第15日は28日、1次リーグ最終戦が行われ、H組の日本(FIFAランク61位)はポーランド(同8位)に0―1で敗れたが、H組2位で2010年南アフリカ大会以来2大会ぶり3度目となる決勝トーナメント進出が決まった。前回大会8強のコロンビアが1―0でセネガルを下して勝ち点6とし、3位から首位に浮上して1次リーグを突破。日本はセネガルと勝ち点4で並んだが、反則ポイントの少ない日本が2位となり、16強入りが決まった。日本は日本時間7月3日午前3時キックオフの決勝トーナメント1回戦でG組首位(イングランドかベルギー)と対戦する。

 初戦で強豪コロンビアに2―1で勝ち、第2戦でセネガルと2―2で引き分けた日本は、ポーランド戦に勝つか引き分ければ自力で1次リーグ突破が決まる1戦。西野朗監督(63)は同じ先発メンバーで戦った1、2戦目とは先発6人を入れ替え、フレッシュなメンバーで臨んだ。主将の長谷部、これまでの2戦でゴールを決めた香川、大迫、乾、本田は全員ベンチスタートとなり、岡崎、宇佐美、武藤、酒井高、山口、槙野が今大会初先発。武藤、酒井高、槙野はW杯初出場となった。

 3試合連続先発となった柴崎がこの試合でも何度も効果的なパスを配給。2戦連続でミスしたGK川島も前半32分にグロシツキの決定的なヘディングシュートを右手一本で止めるなど存在感を見せ、前半を0―0で折り返した。

 後半に入ると、2分には負傷した岡崎に代わって初戦で決勝ゴールを決めた大迫を早くも投入。8分には相手のカウンターに遭いゴール前がぽっかり空く決定的なピンチを迎えたが、GK川島が飛び込んでキャッチしピンチをしのぐ場面もあった。だが、ポーランドは後半14分、クルザワがキッカーを務めた左FKにベドナレクがダイレクトで右足を合わせシュート。GK川島も必死に手を伸ばしたが、ボールはゴール右隅に突き刺さり、日本は欲しかった先制点を相手に奪われた。

 日本は後半20分、2人目の交代カードを切り、宇佐美に代えてセネガル戦でゴールを決めた乾を投入。37分には武藤に代えて主将の長谷部もピッチに入った。その後は無理に攻撃せず、突破のためブーイングに耐えながらボール回しに終始。アディショナルタイムの3分間もしのぎ切り、試合に敗れながらも決勝トーナメント進出をもぎ取った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年6月28日のニュース