柴崎 必勝法語る「日本が今までの継続してきた部分で十分、崩せる」

[ 2018年6月28日 05:49 ]

軽快な動きを見せる柴崎(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 28日に1次リーグ第3戦ポーランド戦を迎える日本代表の日本代表MF柴崎岳(26=ヘタフェ)が、ポーランドからの必勝法を語った。

 相手は既に敗退が決まったが、FIFAランクではH組格上。「考え方としては1、2戦の日本としての戦い方を継続することが大事になる。ポーランドは連係、スピードという部分で物足りなさを見せている。日本が今までの継続してきた部分で十分、崩せる」。日本の戦い方を貫き通すことが、勝利への近道だと語る。

 ダブルボランチの一角としてコロンビア、セネガル戦で先発。長短のパスで日本にリズムをもたらしている。初のW杯舞台に余裕すら感じられるが、その自覚はない。「ある種、余裕みたいなのは本当にない。本当に必死に、試合の中で集中力を最大限保っている状態が今。それがパフォーマンスを引き出せている要因の一つだと思っている」と言い「ここで何か糸が切れたりすると、本当に危険な状態になる。自分自身にそういったことを言い聞かせながら、ここで緊張の糸を切らさないように。この1、2試合以上のパフォーマンスを3試合目、その先にあれば続けて良くしていきたい」と冷静に語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース