フランス0―0に大ブーイング 決勝T初戦は“天敵”アルゼンチン

[ 2018年6月28日 05:30 ]

W杯1次リーグC組   フランス0―0デンマーク ( 2018年6月26日    モスクワ・ルジニキ競技場 )

厳しいマークを受けるエムバぺ(AP)
Photo By AP

 凡戦で首位通過を決めたフランスを待っていたのは“天敵”との激突だった。決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンとの対戦が決定。過去のW杯では2戦2敗、国際Aマッチ通算でも11戦2勝3分け6敗と大きく負け越しており、98年以来2度目の優勝を目指すチームに早くも試練が訪れた。

 デシャン監督は「目標だった1位通過を達成できた」と振り返ったが、ともに積極性を欠く戦いにスタジアムは大ブーイング。26日のデンマーク戦は37試合目にして初のスコアレスドロー。負けて2位になりたくないフランスと引き分ければ決勝トーナメントに進出するデンマークだけに互いに無理をしなかった。指揮官はアルゼンチン戦へ向け「もっとやらないといけない」と、気を引き締めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月28日のニュース